体検篇

近年医療検査を為に日本に来る中国人が多いです。その中で、有名人がいっぱいいます。では、何でそんないっぱい中国人の患者は日本に来るなのか?

医療技術

2013年世界中の医療レベルは日本No.1

先進な医療設備

最も先端の内視鏡、顕微鏡、レーザー、ナビゲーション等の医療設備を備えている。例えば先進的な超音波、CT、MRI、蛍光スキャン術、PET、電子内視鏡、CT導く経皮細い針生検機器、デジタルイメージング穿刺エックス線装置、遺伝子検査儀、マイクロサテライト不安定性(MSI)検査設備、血管撮影器、カプセル内視鏡的、多チャネル試験管腔内部インピーダンス- pH測定(MII-pH)管、喉返神経モニタリングチェッカー、排便造影計、エアバッグ小腸鏡、嚥下動態造影(VF)、心臓超声仪、3次元のCT・MRI検査、超音波内視鏡、内視鏡逆行性胆管膵管撮影(ERCP)、ロボットの手術の設備(ダビンチ手術)など。
各機器の中の導管、マイクロカテーテル、導糸、球囊、血栓吸引管など細かい機器分類、しかもいつもモデルチェンジする。また、病院医と医療機器開発機構の連絡とし、常に相互交流意見とアドバイスをし、多くの機器は、医師とメーカー、病院が自主的に開発したものである。

無題

体検

日本は先進な体検技術と検査設備がある。

例えばがん検査、そのPET検査で最小発見できるミリ単位の癌で、可能性はI期(がん細胞浸潤、未未移転、未拡散)、甚だしきに至ってはO期、がんの早期発見後で切除手術が癒えるて制止し、癌症人体へのダメージ。

医療2

医生

・日本の医者は仕事態度は厳密で、仕事はまじめにまじめで、順番に仕事をする。彼らの医師資格試験は厳しい、難しい、難しい、医師の専門レベルが高い。
例えば放射線科の映像診断医師は、乳房X線検査で中央委員会では、Aなどの成績者が担当しているという。
・日本医師全て」患者」を中心に、各科の専門家による医療チームを得られる患者サービス、より包括的な病気の診断結果と手術案。
・日本の医師・仕事真剣、順序、とても仕事熱心で、すべての医師、ガードが厳格な仕事のプロセスに出かけ、彼らに患者よろしく、お辞儀をして、しかも患者は非常に忍耐と至れり尽くせりの愛。

無題

患者は第一位

・面倒な世話と心のケアと親密なサービスはすべて日本に行って医者にかかる患者は忘れ難い
・手術は患者を中心で、患者の手術後の正常な生活、手術時はWicre、輸血など低外傷、安全、回復の早い手術方式としては、手術の際には、第一、Wicre、安全、回復の速い手術方式。
・日本医療情報の透明化、大部分の病院の公式サイトにも関係外来患者数、入院患者数、各課室が重大な手術の詳細の症例数、先進医療・検査症例数、術の後で死亡率、生存率統計データ。
・病院環境施設は行動が不便な老人や車いすの患者について、院内の無段設計(車いすの患者、階段を坡、階段を坡)、トイレの座る式シャワー設備などを考慮していました。

 

5

弊社はお客様のニーズに対して、いろんなコースを設定しました。

詳しい検査コース

東京都知事登録 旅行業第3-6590号   ISO 9001:2008  徳洲会病院指定窓口 TEL 03-6280-3012 平日09:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 海天商事株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.