観光篇

注:日本は南北が長いので、観光地が多いです。ただ、料金が発生する観光地も多いです。もし料金が発生した場合はすべての料金はお客様が負担します。

サクラの語源は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたも日本神の、話に登場する

女神・木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のサクヤをとったもの、など諸説あります。201122810344048823

日本人にとって春の花の中でも特別な存在となっているサクラ。関東以西の平地では新

年度が始まる3月~4月に開花することから、人生の転機を彩る花にもなっていますね。

48931518_53

毎年の5月、一番きれいなフジが見えます。フジの花は外国人にも和の風情を強く感じさせるといわれます。古くから女性にたとえられるフジの花言葉の「優しさ」「歓迎」は、外国の方々を温かく迎え入れようという姿勢をあらわしているともいわれます。

n_s12295357006745670134

毎年の7月から8月中旬ぐらい,日本の北海道で一番きれいなラベンダーが見えます。ラベンダーの伝説。とある美少年に恋した少女ラベンダー。内気な彼女は告白もできず、ひたすら待ち続け、最後に1輪の花になってしまいました。このことから「あなたを待っています」という花言葉があるそうです。

101549DK9c3

日本では、紅葉の季節(毎年の11月下旬から12月の末まで)になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩りに出かける人が多い。日本人は古くからもみじ狩りを楽しんでいました。平安時代のころは貴族たちの遊びとして行われていましたが、江戸時代にはいろいろな人が楽しむようになります。各地のお殿様は家来をつれて紅葉の名所を訪れ、庶民も紅葉狩りへと出かけています。江戸では8代将軍吉宗が飛鳥山に桜とともにカエデの木を植樹します。この飛鳥山は下谷の正燈寺、品川の海晏寺と並んで紅葉の名所だったそうです。明治時代以降となると紅葉狩りをメインとした旅行に出かけるようになり、現代のような姿になります。温泉好きの与謝野晶子などは温泉と紅葉狩りをかねて各地を旅しています。

詳しくこちら

東京都知事登録 旅行業第3-6590号   ISO 9001:2008  徳洲会病院指定窓口 TEL 03-6280-3012 平日09:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 海天商事株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.